ロゴマーク
展示・講座
利用案内
学校と歴史博物館
ふくいの歴史アーカイブス
問い合わせ・利用申請
図録の通信販売はこちら
歴史博物館の展示・講座 福井市立郷土歴史博物館
ホーム > 歴史博物館の展示・講座
⇒平成29年度の展示スケジュールはこちら
特別展覧会(企画展示室)

館蔵品や地域の歴史を核にしながら、日本およびアジア一円の歴史の流れに目をむけることのできるテーマによる特別展覧会を開催します。(展示面積:約260u)
【予告】平成29年10月13日(金)〜11月26日(日)
平成29年秋季特別展
さよなら、江戸幕府

 −大政奉還と幕末の二条城ー
 大政奉還から150年の節目の年を記念し、有力諸侯の一人として活躍した松平春嶽をはじめ、徳川慶喜・大久保利通・坂本龍馬らの残した資料から大政奉還までの流れを紹介するとともに、その舞台であった二条城二の丸御殿の障壁画を展示します。
 写真:重要文化財
    二条城二の丸御殿大広間四の間障壁画「松鷹図」(部分)
    京都市元離宮二条城事務所蔵
⇒⇒⇒ 終了した特別展の展示
松平家史料展示室 

福井藩主越前松平家に伝来した什宝・文書などを展示し、大名家のくらしや文化、福井藩の歴史を紹介します。(約150u)
平成29年11月15日(水)〜平成30年1月21日(日)
企画展  日本美術を解剖! 節句―しつらいと装い―
 日本美術を楽しむためのカギを探す「日本美術を解剖!」シリーズ第3弾。今回のテーマは「節句」。ひな祭りや端午の節句など現在でも私たちのくらしの中でなじみのある「節句」は古くは季節の節目に供え物をして神々や祖先の霊を祀ったことに始まるそうです。季節の変化を敏感に感じ取ってくらしてきた日本人の感性が強く反映された風習といえます。
ギャラリートーク(展示解説)
11月18日(土)・12月10日(日)・1月7日(日)  
いずれも午後2時から30分程度 展示会場にて
※聴講には平常展示観覧券が必要です
⇒⇒⇒ 終了した松平家史料展示室の展示
館蔵品ギャラリ ー  

館蔵品の紹介や、記念年・季節・年中行事などをテーマにした展示を行います。(展示面積:約20u)
平成29年10月13日(金)〜12月3日(日)
開山1300年記念 福井市の霊山 文殊山(もんじゅさん)
 現在も市民に親しまれる霊山・文殊山の歴史と神秘的なその姿を、ゆかりの資料や写真で紹介。
⇒⇒⇒ 終了した館蔵品ギャラリーの展示
講 座  

折にふれて当館学芸員などが福井の歴史に関する講座を開催します。
平成29年12月20日(水)・21日(木) 全2回
館長タイムリー講座
 開山1,300年を迎えた白山、来年大河ドラマ主人公の「西郷どん」と、タイムリーなテーマで当館の館長がお話しします。

・第1回 12月20日(水) 「泰澄和尚伝記(たいちょうかしょうでんき)」をよむ
・第2回 12月21日(木) 橋本左内と「西郷どん」

いずれも午後2時から3時30分まで 当館2階 講堂にて
参加料 100円(資料代・当日会場にて申し受けます)
申込不要  ※筆記用具は各自ご持参ください。
 
常設展示室

常設展示室より九十九橋原寸模型縄文時代から昭和時代までの福井の歴史を、「ふくいのあゆみ」「古代のふくい」「城下町と近代都市」「幕末維新の人物」の4つのテーマで構成し、大きな復元模型や映像などを駆使してわかりやすく紹介しています。事前に予約をしていただければ、室内では博物館ボランティア「とねりの会」のみなさんの解説を聞くことができ、楽しい解説を聞きながら見学すれば歴史への興味もより深まることでしょう。また、日替りのスタンプラリー(すべてまわると記念品がもらえます)もあり、子どもたちも楽しく学ぶことができます。
⇒ 展示内容へ
ヒストくん