ロゴマーク
展示・講座
利用案内
学校と歴史博物館
ふくいの歴史アーカイブス
問い合わせ・利用申請
図録の通信販売はこちら
歴史博物館の展示・講座 福井市立郷土歴史博物館
ホーム > 歴史博物館の展示・講座
⇒平成29年度の展示スケジュールはこちら
特別展覧会(企画展示室)

館蔵品や地域の歴史を核にしながら、日本およびアジア一円の歴史の流れに目をむけることのできるテーマによる特別展覧会を開催します。(展示面積:約260u)
平成29年3月24日(金)〜5月7日(日)
平成29年春季特別展
刀に彫る ―刀身彫刻の世界―

 日本刀は、その長い歴史の中で武器としての機能が追求される一方、制作者や使用者の信仰を反映して、単なる武器以上の宗教的・象徴的役割を付されてきました。古くから刀身に施されてきた様々な彫刻は、それをよく伝えています。また近世には、制作者がその技量の限界に挑むような、技巧を凝らした濃厚な彫刻も見られるようになりますが、これらは刀の姿との調和によってその美的側面を際立たせています。越前でも、刀身彫刻の名手・記内が江戸初期に活躍したのをはじめ、越前新刀の刀身彫刻(越前彫)が隆盛しました。本展では、この「越前彫」に注目するとともに、歴史的な名品から現代の人間国宝の渾身の作まで、刀身彫刻の歴史を広く紹介します。
⇒⇒⇒ 終了した特別展の展示
松平家史料展示室 

福井藩主越前松平家に伝来した什宝・文書などを展示し、大名家のくらしや文化、福井藩の歴史を紹介します。(約150u)
平成29年3月24日(金)〜5月28日(日)
企画展 描かれた福井城と武家屋敷
 江戸時代の「福井」は、福井藩・松平家の「城下町」として発展しました。その中心は福井城であり、堀や石垣、土居や塀で守られた堅固で広大な城郭が形成されていました。また、武家屋敷のある武家地も城下町の中では大きな面積を占めていました。
 当展では、江戸後期から幕末・維新期の福井城と武家屋敷の様子を紹介するために、それらを描いた眺望図、絵巻や屏風、明治初期の古写真、侍屋敷の図面などを展示します。また、今年度新しく収蔵した城下絵図や、松平文庫(福井県立図書館保管)の城下絵図の複製なども展示しています。
ギャラリートーク(展示解説)
3月25日(土)11時から30分程度 展示会場にて
※聴講には平常展示観覧券が必要です
⇒⇒⇒ 終了した松平家史料展示室の展示
館蔵品ギャラリ ー  

館蔵品の紹介や、記念年・季節・年中行事などをテーマにした展示を行います。(展示面積:約20u)
平成29年3月24日(金)〜5月28日(日)
企画展 描かれた福井城と武家屋敷(第2会場)
⇒⇒⇒ 終了した館蔵品ギャラリーの展示
講 座  

折にふれて当館学芸員などが福井の歴史に関する講座を開催します。
平成29年5月13日(土)〜 全5回
秋季特別展 「さよなら、江戸幕府−大政奉還と幕末の二条城−」プレ講座
学校では教えない『大政奉還』

 幕末期、めまぐるしく変わる歴史の流れについて理解を深め、今秋開催の特別展をより楽しもう!ということでプレ講座を開催します。文久3年(1863)から大政奉還が行われた慶応3年(1867)までの5年間を、1回につき1年ずつ詳しく見ていきます。

・第1回 5月13日(土)
・第2回 6月11日(日)
・第3回 7月15日(土)
・第4回 8月26日(土)
・第5回 9月16日(土)
いずれも午後2時から3時30分まで 当館2階 講堂にて
参加無料・申込不要  ※筆記用具をご持参ください。
 
常設展示室

常設展示室より九十九橋原寸模型縄文時代から昭和時代までの福井の歴史を、「ふくいのあゆみ」「古代のふくい」「城下町と近代都市」「幕末維新の人物」の4つのテーマで構成し、大きな復元模型や映像などを駆使してわかりやすく紹介しています。事前に予約をしていただければ、室内では博物館ボランティア「とねりの会」のみなさんの解説を聞くことができ、楽しい解説を聞きながら見学すれば歴史への興味もより深まることでしょう。また、日替りのスタンプラリー(すべてまわると記念品がもらえます)もあり、子どもたちも楽しく学ぶことができます。
⇒ 展示内容へ
ヒストくん