ロゴマーク
展示・講座
利用案内
学校と歴史博物館
ふくいの歴史アーカイブス
問い合わせ・利用申請
図録の通信販売はこちら
歴史博物館の展示・講座 福井市立郷土歴史博物館
ホーム > 歴史博物館の展示・講座
⇒平成29年度の展示スケジュールはこちら
特別展覧会(企画展示室)

館蔵品や地域の歴史を核にしながら、日本およびアジア一円の歴史の流れに目をむけることのできるテーマによる特別展覧会を開催します。(展示面積:約260u)
【予告】平成30年3月24日(土)〜5月6日(日)
平成30年春季特別展
江戸・京・大坂と城下町福井

 
 江戸時代、親藩である福井藩松平家の拠点都市であった福井は、全国有数の城下町として発展しました。当展では福井城下を出発し、「三都(三ヶ津)と称された巨大都市、江戸・京・大坂を、さまざまな資料をとおして巡っていきます。
⇒⇒⇒ 終了した特別展の展示
松平家史料展示室 

福井藩主越前松平家に伝来した什宝・文書などを展示し、大名家のくらしや文化、福井藩の歴史を紹介します。(約150u)
平成29年11月15日(水)〜平成30年1月21日(日)
企画展  日本美術を解剖! 節句―しつらいと装い―
 日本美術を楽しむためのカギを探す「日本美術を解剖!」シリーズ第3弾。今回のテーマは「節句」。ひな祭りや端午の節句など現在でも私たちのくらしの中でなじみのある「節句」は古くは季節の節目に供え物をして神々や祖先の霊を祀ったことに始まるそうです。季節の変化を敏感に感じ取ってくらしてきた日本人の感性が強く反映された風習といえます。
ギャラリートーク(展示解説)
11月18日(土)・12月10日(日)・1月7日(日)  
いずれも午後2時から30分程度 展示会場にて
※聴講には平常展示観覧券が必要です
⇒⇒⇒ 終了した松平家史料展示室の展示
館蔵品ギャラリ ー  

館蔵品の紹介や、記念年・季節・年中行事などをテーマにした展示を行います。(展示面積:約20u)
平成29年12月6日(水)〜平成30年2月4日(日)
新春を寿ぐ(ことほぐ)祝飾り
 新年にちなんだ吉祥図柄の絵画や美術工芸品を展示します。
⇒⇒⇒ 終了した館蔵品ギャラリーの展示
講 座  

折にふれて当館学芸員などが福井の歴史に関する講座を開催します。
平成30年2月
三角縁神獣鏡チョコ作りワークショップ
 古墳時代の鏡「三角縁神獣鏡」の型を使って原寸大(直径約20p)のチョコレプリカを作ります。

【日時】平成30年2月11日(日)   @10:00~12:00 A14:00~16:00
          12日(月・振休)B10:00~12:00 C14:00~16:00
          13日(火)   D10:00~12:00 E14:00~16:00
【会場】郷土歴史博物館 2階 講堂
【対象】小学生以上の個人またはグループ(4名まで)
【定員】各回とも6組(1組につき1枚の銅鏡チョコを作ります。申込多数の場合抽選)
【参加費】1,000円/1組 ※当日会場にて申し受けます
【申込方法】1月21日(日)(必着)までに、往復はがきまたは電子メールにて代表者の住所・氏名・電話番号・参加希望回(複数回不可)を明記してお送りください。
 ※1月22日以降、できる限り速やかに返信ハガキまたはメールにて当否のご連絡をいたします。
【申込先】〒910-0004 福井市宝永3−12−1 福井市立郷土歴史博物館
                 「三角縁神獣鏡チョコワークショップ」係
    <mail>kyoudo●city.fukui.lg.jp(●は@としてください)
※参加希望回は必ず6回のうち1回を選んで明記ください。記載のないもの、複数回をご希望のものは受付不可となります。
※例年、一部キャリアメール(@ezweb.ne.jp, @docomo.ne.jp, @softbank.ne.jpなど)からの申込みのメールへの返信が届かないというトラブルが発生しています。電子メールでのお申込には必ず確認の返信をしますので、返信が届かない場合はご自身のメール受信設定等をご確認ください。


平成29年12月3日(土)〜 全8回
ボランティア養成講座
ミュージアムカレッジ (第15期)

 郷土歴史博物館・養浩館庭園での案内・解説、子ども向けイベントの企画運営などに携わるボランティアを養成する講座です。

→詳細はこちら

※当講座の今期参加者募集は終了いたしました。
 
常設展示室

常設展示室より九十九橋原寸模型縄文時代から昭和時代までの福井の歴史を、「ふくいのあゆみ」「古代のふくい」「城下町と近代都市」「幕末維新の人物」の4つのテーマで構成し、大きな復元模型や映像などを駆使してわかりやすく紹介しています。事前に予約をしていただければ、室内では博物館ボランティア「とねりの会」のみなさんの解説を聞くことができ、楽しい解説を聞きながら見学すれば歴史への興味もより深まることでしょう。また、日替りのスタンプラリー(すべてまわると記念品がもらえます)もあり、子どもたちも楽しく学ぶことができます。
⇒ 展示内容へ
ヒストくん