ロゴマーク
展示・講座
利用案内
学校と歴史博物館
ふくいの歴史アーカイブス
問い合わせ・利用申請
図録の通信販売はこちら
歴史博物館の展示・講座 福井市立郷土歴史博物館
ホーム > 歴史博物館の展示・講座
⇒令和4年度の展示スケジュールはこちら
特別展覧会(企画展示室)

館蔵品や地域の歴史を核にしながら、日本およびアジア一円の歴史の流れに目をむけることのできるテーマによる特別展覧会を開催します。(展示面積:約260u)
 10月8日(土)〜11月23日(水・祝)
特別展
寿ぎのきもの ジャパニーズ・ウェディング ー日本の婚礼衣装ー
 日本の婚礼儀式がもっとも美しく、洗練された形で行われていた江戸時代から近代初期にかけての衣裳や婚礼のしつらえをご覧いただきます。現代の私たちの生活からは遠くなってしまった「日本の祝いの姿」を再認識し、日本の美しい伝統と心を後世に伝えていきたいと思います。
前期:10月8日(土)〜10月30日(日)
後期:11月1日(火)〜11月23日(水・祝)
※前・後期で大幅な展示替えがあります。
※10月31日(月)は展示替えのため休館します。
⇒⇒⇒ 終了した特別展の展示
松平家史料展示室 

福井藩主越前松平家に伝来した什宝・文書などを展示し、大名家のくらしや文化、福井藩の歴史を紹介します。(約150u)
9月1日(木)〜10月4日(火)
企画展 お殿様の御刀拝見    ⇒解説シート   ⇒展示リスト・用語解説  
 徳川家康の二男・秀康にはじまり、諸国大名の中でもひときわ高い家格を誇った越前松平家。その「お殿様」の家に伝わった刀剣コレクションのリストが『御佩刀記録』(松平文庫、福井県文書館保管)です。現在も当館に収蔵されている越前松平家伝来の刀剣の多くが、このリストに含まれていますが、それらをこのリストと対照することで、新しく明らかになった由緒や歴史的事実があります。今回は『御佩刀記録』の記述と実物の刀を同時にご覧いただき、刀剣の由緒や来歴をあらためてご紹介していきます。

【ギャラリートーク】
日時:9月11日(日)、10月2日(日)午後2時より40分程度
内容:担当学芸員が展示を解説します。
申込不要ですが、観覧券が必要です。

【見どころ講座】
日時:9月25日(日)午後2時より
場所:当館2階 講堂
演題:「越前松平家の刀剣目録『御佩刀記録』について」(講師:当館学芸員 松村知也)
参加費:100円 ※申込不要 当日先着順 定員40名
⇒⇒⇒ 終了した松平家史料展示室の展示
館蔵品ギャラリ ー  

館蔵品の紹介や、記念年・季節・年中行事などをテーマにした展示を行います。(展示面積:約20u)
9月1日(木)〜10月4日(火)
日下部太郎の軌跡 〜日米交流のはじまり〜
福井人初の海外留学生、日下部太郎の生涯と、没後の顕彰運動について紹介します。
⇒⇒⇒ 終了した館蔵品ギャラリーの展示
常設展示室

常設展示室より九十九橋原寸模型縄文時代から昭和時代までの福井の歴史を、「ふくいのあゆみ」「古代のふくい」「城下町と近代都市」「幕末維新の人物」の4つのテーマで構成し、大きな復元模型や映像などを駆使してわかりやすく紹介しています。事前に予約をしていただければ、室内では博物館ボランティア「とねりの会」のみなさんの解説を聞くことができ、楽しい解説を聞きながら見学すれば歴史への興味もより深まることでしょう。また、日替りのスタンプラリーもあり、子どもたちも楽しく学ぶことができます。
⇒ 展示内容へ
ヒストくん