ロゴマーク
展示・講座
利用案内
学校と歴史博物館
問い合わせ・利用申請
図録の通信販売はこちら
小中学生の調べ学習のためのページ 福井市立郷土歴史博物館
ホーム > 小・中学生の調べ学習のためのページ > 福井空襲と福井地震 > 焼夷弾とは?
 焼夷弾(しょういだん)とは?
 焼夷弾は爆弾の一種で、中に油が入っており、地面に落ちると燃えて周り一帯を焼きつくします。木造の家が多い日本の町を焼き払うため、爆発力の大きな火薬ではなく、よく燃える油をたくさん詰めたこのような爆弾が開発されました。
 下図のように、大型の焼夷弾「E46集束焼夷弾」の中には38発の筒状の「M69焼夷弾」が入っていて、これが空中ではじけてバラバラと地上にふってきました。
 あまりにたくさん落ちてくるため、空襲のときにはこの「M69焼夷弾」が直接体に刺さったりぶつかったりしてなくなった人も多くいました。
 
○E46集束焼夷弾とM69焼夷弾