福井城と城下町の風景 福井市立郷土歴史博物館
福井城旧景「狛木工邸」
 大名広路に面する南狛家の屋敷を東の方から見て描いた図である。現在の順化1丁目付近にあった屋敷で、その面積は約4200坪(約13,860u)もあり、武家屋敷の中でも特に大きかった。正面には長大な長屋門があり、その奥に主殿の屋根が見える。同家の知行高は4500石で、「高知席」という高い身分の家格に列し、代々家老職を勤めた。なお、非役の際には城下火消を命ぜられた事から、屋根の上には火の見櫓が付けられていた。